日本最大級のクレジットカード情報サイト

プラチナカードにプライオリティ・パスの意味はあるのか?

プライオリティ・パス付帯プラチナカード、クレジットカード

post1

国内主要空港はもちろん、世界各国の空港ラウンジを利用できるプライオリティ・パス。
最近はゴールドカードでもこのプライオリティ・パスサービスを付帯している場合もあり、プラチナカードならあって当然のサービスといえます。

しかし、ゴールドカード保持者やビジネスクラスに乗る方なら、もともと空港ラウンジが利用でき、特にラウンジに苦労しません。
更には、ファースト・ビジネスクラスには専用ラウンジが用意されています。
では、どういった場合にプラチナカードのプライオリティ・パスが真価を発揮するのでしょうか?

実は、空港ラウンジにはグレードがあります。
各航空会社には「空港ラウンジ ご利用基準」があり、それによれば利用者のクラスと航空券の種類によって利用できるラウンジが変わるのです。

例えば、ANAですと3つのグレードのラウンジが存在します。
「ANA SUITE LOUNGE」
「ANA LOUNGE」」
「ANA ARRIVAL LOUNGE」
この他にも海外に行く場合
「スター アライアンス ラウンジ」
「契約ラウンジ」などの利用もできます。

しかし、年会費の安いゴールドカードですと利用できないラウンジがあります。
それが、「VIPラウンジ」です。
ファーストクラスや、頻繁に飛行機を利用する「ダイアモンド」と呼ばれる最上位顧客のために用意された「VIPラウンジ」は一クラス上の快適な空間を提供しています。
ですがファーストクラスや最上位顧客であれば元々それらを利用できますのでカードについたプライオリティ・パスの意味は、あまりあるとはいえません。
最も価値あるプライオリティ・パスつきのプラチナカードの使い方があるとすれば、エコノミーやLCC利用の場合となります。
格安チケットでも飛行機の会社が違っていてもVIPラウンジが利用できるからです。

card1

MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード

person

30代 女性

アメリカンエキスプレスのステータスは、信頼性が高い為、利用する際、場所によっては、扱い方が違う時が多々ありました。 百貨店、空港のお土産屋や宿泊先の時は、丁寧な接客です。 その為、気持ちの良い買い物が出来るので、よく利用し活用しています。

続きを読む

このトピックをシェア

このトピックをシェア