日本最大級のクレジットカード情報サイト

究極の付帯サービス、コンシェルジュデスク

コンシェルジュデスクのついたクレジットカード

post1

数あるクレジットカードの付帯サービスのなかでも、最強のサービスと言われるコンシェルジュデスク。
では「コンシェルジュデスク」とは一体どういったものなのでしょうか?

コンシェルジュデスクとは、プラチナ以上のカード(一部を除く)に付帯されているサービスで、24時間年中無休でユーザーの要望に応えてくれる会員専用デスクのことで基本的にカード利用を前提とした相談であれば、たいていのことに応じてくれます。
でも、それならゴールドカードにも24時間電話対応してくれる「会員専用デスク」がありますよね?
それとは一体どう違うのでしょうか?
プラチナカードならではのコンシェルジュデスクの特徴をまとめますと
・予約の取れないレストラン、一見さんお断りの店の予約がとれる
・ホテルがグレードアップ
・同じクラスのチケットでも良い席が取れる
・VIP空港ラウンジが使える
このようにコンシェルジュデスクを通せば、さまざまな場面で特別サービスが受けられます。

でも、すでにそういうサービスが必要なくなっている方もいらっしゃいます。
元から飛行機はファーストクラでホテルはスイートルーム、お店とコネクションがあるなど。
こうなるとプラチナカードならではの特典である、コンシェルジュデスクはもはや不要ですね。
しかしコネクション形成途中にあるプラチナカードを取得したばかりの方であれば、大変有効なサービスと言えるのではないでしょうか?
ホテルの場合、デスクを通して予約するとアップグレードをはじめとした何らかの特典が付く場合が多く、料金そのものも高くはない価格で利用でき、コンサートやミュージカルなどのチケットも、コンシェルジュデスクを通すと良い席が取れることが多いです。
そしてコンシェルジュデスクのサービスは使えば使うほど使い勝手がよくなります。
それは利用するたびに顧客情報のデータベースも更新されるためです。

「人より多くの要望があり、人より多くのお金を使う」方であれば、魅力的なサービスと言えます。

一般に100万円ぐらいの利用でも、インビテーションがくるゴールドカードは、利用者の平均年収300万円以上、利用額も100万円以上と言われています。
プラチナカードは平均年収600万円、利用額200万円・・・インビテーションが来るのはもっと早い段階である場合もあります。
「え、それぐらいでいいの?」
と思われた方は一度、インビテーションが来た場合、利用してみてはいかがでしょうか?
これまでとはちがった世界が見えてくるかもしれませんね。

card1

MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード

person

30代 女性

アメリカンエキスプレスのステータスは、信頼性が高い為、利用する際、場所によっては、扱い方が違う時が多々ありました。 百貨店、空港のお土産屋や宿泊先の時は、丁寧な接客です。 その為、気持ちの良い買い物が出来るので、よく利用し活用しています。

続きを読む

このトピックをシェア

このトピックをシェア