日本最大級のクレジットカード情報サイト

要注目のカテゴリー

ゴールドカードで、年会費5,000円クラスのクレジットカード

post1

「憧れのステータスカードであるゴールドカードを持ちたい」
「それもただ持つだけではなく、優れたサービスも欲しい」
年会費1万円クラスのゴールドカードになれば、大抵の機能(空港ラウンジ、海外・国内旅行保険、ショッピング保険など)は付帯しています。
「でも、リーズナブルに利用したい」
そうなるとネックとなるのは高い年会費ですが、これを安くする方法があります。
それがゴールドカードで、年会費5,000円クラスのクレジットカードです。
年会費5,000~6,000円程度のゴールドカードは、原則として、空港ラウンジサービスをはじめ、最高5,000万円補償程度の海外・国内旅行保険、年間300万円限度のショッピング保険など年会費1万円(税別)クラスの銀行系ゴールドカードと同程度のゴールドサービスを備えています。
年会費1万円クラスのゴールドカード同等のサービスが受けられ、でもリーズナブルに利用できるのはどうしてでしょうか?
理由は、年会費5,000~6,000円程度のゴールドカードが、銀行系カード会社ではなく信販系や流通系といったところから発行されているからです。
確かに、非銀行系ゴールドカードは、ステイタス面で銀行系ゴールドカードに劣ります。
そのため、年会費を銀行系ゴールドカードと同価格帯に設定すると、入会者を獲得するのが難しいという事情がカード会社側にあるため安い年会費となっています。
こういったカードは、少しネームバリューやステイタス面において劣る一方で、充実した優待プログラムや系列グループでのオリジナル優待特典がプラスされている場合も多く、顧客はにとってメリットが大きいのが特徴です。
憧れのステータスカードであるゴールドカードながらも維持しやすい年会費。
要注目のカテゴリーといってよいでしょう。

このトピックをシェア

このトピックをシェア